プラモデル・メガミデバイス・朱羅・九尾が完成しました~。

とても疲れた。

朱羅九尾・正面.JPG

正面から。

朱羅九尾・背面.JPG

背面から。

朱羅九尾・飛行形態.JPG

背中のバックパックは飛行形態に変形可能。

作業時間は2体14時間程度。
ランナーの枚数がとんでもなく多く、とんでもなく時間が掛かってしまいました。
朱羅・忍者をベースにラピッドレイダーのパーツの一部と新規パーツを追加した代物ですが、ラピッドレイダーの使い方が絶妙ですね。
本来はバイクとして組むはずのパーツが、ミキシングの仕方次第でこうも印象が変わる物なのか。

ただし背中のバックパックが重いので、武装モードで飾る場合は付属のベースだと強度に少々不安が残るかもしれません。
持ってる人はキャラスタンドやフライングベースの使用も検討した方がいいかも。

それと新規造形のスカートのパーツが構造上、物凄く破損しやすい。
僕は破損させなかったのですが、パーツを一目見た瞬間に「やばい」って思いましたもん。
メガミデバイスは組み換えによって素体モードと武装モードを切り替える事が出来るのですが、この九尾に関してはマジで止めておいた方がいいです。バラす際にスカートが壊れやすく、組み替える度に常に破損の恐怖に怯える羽目になってしまうので。

ちなみにランナーの構成上、忍者のおっぱいのパーツが丸々一式、余剰パーツとして付いてきます。
メガミデバイスのおっぱいは共通規格なので、貧乳のメガミたちを巨乳にしてやるのもいいかも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

嫁が綺羅星☆
2020年07月11日 03:51
着脱可能おっぱいって、それ偽パイやん・・w

バックパックちゃんと九尾になってるコレ?
もしかして、股間に隠し尻尾あったりする?

あ、うん、【ジ・O】ネタです。