サッカー女子日本代表、北朝鮮と引き分けるも中国が敗れた為に五輪出場決定。



ま、別にどうでもいいんですけどね。
サッカー女子日本代表も昔は全然注目されていなかったのが、ワールドカップで優勝してから一気に日の目を見るようになってきましたね。

以前テレビの特集でやっていたのですが、彼女たちの多くが「プロ」では無いのでサッカーでお金を稼ぐどころか、逆に「お金を払ってサッカーをしている」みたいな話を聞いた事があります。
試合をするにあたっての遠征費はチームが負担するけど、用具代やコーチへの指導料などは月謝という形で、全て選手が負担しなければならないんだそうです。なので彼女たちの多くがサッカーとは別の本業を持っていて、仕事をしながらサッカーをやっているんだとか。

北朝鮮が国家レベルで代表の強化を進めているのとは、えらい違いですよ。そんな「片手間」の環境でも世界チャンピオンになってしまうのですから、本当に世の中分からない物ですよね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あくあ
2011年09月08日 23:28
さっきYAHOO見てたらスペインリーグがバルセロナとレアルマドリーの放映権の分配がおかしいとのことでこの2クラブと他の18クラブの格差が広がることが問題になっているそうです。男子サッカーはビジネスみたいになってしまった。
2011年09月09日 23:27
スペインではサッカーは熱狂的な人気を誇りますからね~。
特にバルセロナとレアルマドリードの一戦はスペインダービーと呼ばれ、チケットが一瞬で完売する程の人気があるんだとか。

しかもバルセロナでは、キャプテン翼のワールドユース編の最終話で、主人公の翼がサンパウロからバルセロナへの移籍が決まった際に、作者の高橋陽一先生を招待して正式な入団発表まで行われた程で、レアルマドリード側が「何で翼をうちに入団させてくれなかったんだ」と正式に抗議声明まで発表したんだそうです・・・。

海外でもキャプテン翼は大人気です。

この記事へのトラックバック