ルーファスの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS レッドソックスを退団した上原がカブスに移籍。

<<   作成日時 : 2016/12/09 23:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2



年俸は単年契約で5億円ちょっとなんだそうな。
41歳という年齢から考えれば、破格の契約だと言えるでしょうね。
何でレッドソックスを退団する事になったのかが、よく分からんのだけれども。

ところで田沢はどうなるんだろう・・・。
まだレッドソックスとの再契約には至ってないけど・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
誰なんだ田沢…。
年齢的にはだいぶ厳しい?あ、イチローもこんくらいの年齢だったか。
何にしても、必要としてくれる場所があるって事は、ありがたい話でしょ。
嫁が綺羅星☆
2016/12/13 00:00
田沢純一。

社会人野球の新日本石油ENEOSでプレイしていた投手で、当時は社会人ナンバーワン投手と呼ばれ、複数球団からのドラフト1位指名が確実視されていた程の投手だったのですが。

しかし田沢はメジャーでのプレーを熱望し、日本の球団からドラフトに掛けられても入団拒否をする意向を通告。兼ねてより田沢の獲得を熱望していたレッドソックスと契約したという経緯があります。

ところがこれに日本野球界の関係者は大激怒。
これ以上の選手のアメリカへの流出を阻止する目的から

「日本のプロ野球を経由せずに海外のチームに入団した場合、退団後2年間は日本でプレーできない」

という、いわゆる「田沢ルール」を作り出したのですが、田沢本人はこの件に関して

「日本の球団でプレーするつもりはない。自分は悪い事をしているとは少しも思っていない。」

と、半ば脅しとも取れるこの措置に対して苦言を呈しています。

田沢はマイナーリーグの2Aからスタートし、順調にメジャーに昇格。当初は先発だったものの後に中継ぎに配置転換され、貴重なセットアッパーとして大活躍しています。
ルーファス
2016/12/18 07:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
レッドソックスを退団した上原がカブスに移籍。 ルーファスの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる